スーパーふどげりさ

ふどげりさとはッッッ!!!神代より行われている行為のことである!!!!!

初代『ウルトラマン』にみる、普遍性と時代性

シキポンマニア【誰?】にはご存知だろうが、私は本当に作品を見ていないほうだ。もうマジでびっくりするくらい見ていない。どれくらいかというと、初代『ウルトラマン』だって、総集編ビデオなどで触れてはいたものの、本編を通して見たことがなかったくら…

それでも批評が必要である理由

最近……というか少なくとも自分がツイッターを始めたあたりからはずっと、世間(ここでいう世間とはオタク世間のことです)では批評家・評論家を毛嫌いする風潮がある。曰く「シン・ゴジラは批評家が酷評したのにヒットした。やっぱり批評家はクソだ、あてにな…

『現実でラブコメできないとだれが決めた?』ラブコメ讃歌にして創作讃歌。

「現実とフィクションは違う」というのは、正解であるのと同時に間違いであると思う。もちろんほとんどの人は現実とフィクションは異なるものだと認識しているが、それはそれとしてフィクションは現実の人々によって創られるものだし、フィクションは現実に…

『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』新時代のライダーアクションを体感せよ

『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』が公開中だ。夏公開の予定が、コロナの影響で延期になった映画だ。 で、観に行ったのだが……本当にアクションが凄い。このアクションの質と量の両立、そして熱量の高さは坂本浩一作品、特に『劇場版 仮面ライダーW …

『ウルトラマンZ』は、田口清隆監督による「最強の世界」だった

アニメ化・実写化も果たした人気漫画『映像研には手を出すな!』には、「最強の世界」というワードが登場する。主人公のひとり・浅草氏が妄想、いや空想する、自らの美学と興味に基づいてデザインされた景色。これを具現化するため、浅草氏はアニメを制作し…

特撮オタクVS『TENET テネット』

※ネタバレほぼなしです 『TENET テネット』を見た。「話が難解」ということは耳にしていたので、まあそんなに理解できないだろう、と思って望んだが、まじで思った以上にさっぱりわからんかった。逆行とかの理屈以前に、スパイパート?でも今なんのために何…

『令ジェネ』も期待!期待の新鋭・杉原輝昭監督の演出とは

一年ぶりのブログ更新です。まじか……ちょうど1週間前、映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の脚本が高橋悠也さん、監督が杉原輝昭さんと発表されました!脚本の高橋さんにつあてはもはや説明不要でしょう。「エグゼイド」で全話脚本…

実写化はなぜ嫌われるのか

釣りみたいなタイトルですね!!!!!こんにちは。シキポンです。いや、釣りみたいなタイトルだけど釣りではない。この記事は、文字通り「漫画・アニメの実写化作品はなぜ(一部に)嫌われるのか」を考察するものである。漫画・アニメ、あるいはゲームなどの…

「特撮」には、二つの意味がある

こんにちは。シキポンです。 前回の記事からずいぶん間が開きましたね。怠惰…… 間が開きすぎて毎回書き方が安定しないというね。バーチャルyoutuberの記事なんて口調すら違うという。さて今回のテーマはズバリ「特撮」です。 いや広すぎるだろ、とお考えにな…

人間とキャラクターの狭間で~バーチャルYoutuber論~

※"中の人"について言及しますが、特定するような言及はありません。※ここでは、いわゆるアバター型よりは、キャラクター型のバーチャルyoutuberについておもに言及します。 ※オレ、言うほどバーチャルYoutuber追ってない。あとアイドルに言及するけど、アイ…

現在の東映特撮(ライダー&戦隊)・監督レビュー

ブログを立ち上げたもののなんも更新せずにいたが、なにも書かず放置し続けるのもアレなので……自分だからこそ書けるものをやろう+あまり気負わずに書けるものにしようということで、ライダー&戦隊で現在活躍している監督陣のレビューを行います。東映特撮…

自己紹介とか

はーいみなさんこんにちはーシキポンさんだよー。 ブログって何を書けばいいんだ…??? いやねえ、まず、ブログを書いているという事実が恥ずかしい。こう、幼き日々に見ていた憧れのブログの数々…それらに、形式だけでアクセス数などを考慮すると比べるの…